World of Tanks
プレイヤーサポート・ポータル
全ての記事

Windowsのページングファイル

概要

ページングファイル(pagefile.sys)」は、PCのハードドライブ上の隠しファイルのことを指します。WindowsのOSによってRAMと同様の方法で使用されており、「仮想メモリ」を構成するのが「ページングファイル」とRAMです。デフォルトの設定では、WindowsのOSは、ブート・パーティション(OSと補助ファイルがインストールされているパーティション)に「ページングファイル」を格納します。通常、「ページングファイル」の容量は、RAMの総容量の1.5倍に設定されています。

「ページングファイル」は、RAMの容量が足りない時、空き容量を確保するために必要になります。RAMを使用して動くアプリケーションを同時に複数起動すると、自ずとRAMの容量が足りなくなることがあります。こういった時には、起動中のアプリケーションの一部が非アクティブ(最小化または、使用されていない状態)になったデータの一部を、より低速な領域、つまり「ページングファイル」に移し、RAMの容量を確保して、アプリケーションの現在アクティブなデータをRAMで直接処理できるようにします。また、アプリケーションの非アクティブなデータにアクセスする必要がある場合、「ページングファイル」からデータが直接RAMに戻されるため、実行の速度を維持できます。システムのRAMが極端に不足している場合、「ページングファイル」が直接使用され、アクティブなアプリケーションのデータも「ページングファイル」に残されます。「仮想メモリ」の合計容量が小さすぎる場合、一部のアプリケーションが不安定になり、OSに「仮想メモリ」不足のメッセージが表示されることがあります。このような状況では、「ページングファイル」の容量を大きくする必要があります。

PCに複数のハード・ドライブがある場合: システムのパフォーマンスを向上させるには、「ページングファイル」を別のハード・ドライブ上のパーティションに移動する必要があります。こうすると、OSは複数の入力/出力リクエストをより速く処理できるようになります。

PCのハード・ドライブがひとつの場合: この場合でも「ページングファイル」を別のハード・ドライブのパーティションに移動することが推奨されています。「ページングファイル」がブート・パーティションにある場合、Windows OSは、システム・フォルダと「ページングファイル」の両方に対して、ドライブからの読み取りとドライブへの書き込みのリクエストを送信します。「ページングファイル」を別のパーティションに移動すると、読み取り/書き込みリクエストの衝突が少なくなります。

PCにHDDとSSDの両方のドライブがある場合: HDDドライブのパーティションのひとつに「ページングファイル」を置くことが推奨されます。これにより、読み取り/書き込みリクエストの回数が減り、SSDドライブの安定性が向上する可能性があります。
「ページングファイル」の断片化を避けるには、HDD上に別のパーティションを作成し、そこに「ページングファイル」のみを配置することが推奨されます。「ページングファイル」用に別のパーティションを使用すると、ファイルの断片化を避けられるというメリットがあります。他のデータが配置されているセクションにある「ページングファイル」のサイズが大きくなると、「仮想メモリ」の容量を増加させるために、ファイルが断片化されてしまうことがあります。「ページングファイル」の断片化を防ぐことで、「仮想メモリ」に高速でアクセスできます。

「ページングファイル」の操作

「ページングファイル」の操作は、「仮想メモリ」の管理ウィンドウで行うことができます。

方法は以下の通りです。

1. 「Win」と「R」キーを押すと表示されるウィンドウで、開くファイルを指定する入力欄に「sysdm.cpl」と入力し、「OK」をクリックする。

1 Windows Paging File.png

2.「システムのプロパティ」ウィンドウで、「詳細設定」タブに移動し、「パフォーマンス」の下にある「設定」ボタンをクリックする。

2 Windows Paging File.png

3.「パフォーマンス オプション」ウィンドウの「詳細設定」タブで「変更」をクリックする。

3 Windows Paging File.png

4.「仮想メモリ」の管理ウィンドウが表示される。なお、デフォルトの設定では「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」が選択されている。この場合、「ページングファイル」はOSがインストールされているのと同じドライブ(Cドライブ)にあることを意味する。お使いのPCによって、選択可能な論理ドライブの数は異なっている。

4 Windows Paging File.png

ページングファイルの無効化

1. すべてのドライブの「すべてのドライブのページング ファイルサイズを自動的に管理する」のチェックを外す。

2. 「ページングファイルなし」を選択し、「設定」をクリックする。

5 Windows Paging File.png

3. システム警告が表示されるので、「はい」をクリックし、「OK」をクリックする。

6 Windows Paging File.png

4. すべての操作が完了したら、コンピュータを再起動する。

ハード・ドライブのパーティション間でのページングファイルの移動

1.「ページングファイルを無効にする」のすべての手順を行う。

2. ページングファイルを配置する論理ドライブを選択する。

3. 選択したドライブのシステム管理サイズを選択したら、「設定」をクリックし、「OK」をクリックする。

7 Windows Paging File.png

4. すべての操作が完了したら、コンピュータを再起動する。

ページングファイルサイズの変更

1. すべてのドライブの「すべてのドライブのページング ファイルサイズを自動的に管理する」のチェックを外す。

2.「カスタムサイズ」を選択して、初期サイズと最大サイズ(Mb)の2つの値を入力したら、「設定」をクリックし、「OK」をクリックする。

8 Windows Paging File.png

3. すべての操作が完了したら、コンピュータを再起動する。

関連記事