World of Tanks
プレイヤーサポート・ポータル
全ての記事

アカウント共有/アカウント売買に対する方針について

すべてのプレイヤーはアカウントを安全に使用するため、アカウント情報を自身で保護する必要があり、アカウント共有は EULA によって禁止されております。


下記によくあるご質問をまとめました。

Q: アカウント共有とは何ですか?

A: アカウント共有とは、プレイヤーが自身のアカウント情報を他のプレイヤー(家族や友人)と共有し、1つのアカウントを複数人で利用することです。

Q: アカウント売買とは何ですか?

A: 不要になったアカウントを他のプレイヤーに販売する、または他のプレイヤーからアカウントを購入する行為です。

アカウント共有やアカウント売買は多くの問題を引き起こす可能性があります。

  • アカウント内のアイテムを勝手に売却されたり、本来のアカウント所持者が意図しない変更が加えられることがある。
  • 登録メールアドレスを勝手に変更されたりと、アカウントへアクセスできなくなる可能性がある。
  • アカウント所有者が不定となり、たとえ本人であってもサポートを受けることができなくなる。
  • アカウント保護によってアカウント凍結処理が行われ、アカウントを利用することができなくなる。

下記はゲームルールで規定されたルールの引用です。

 

プレイヤーからの要請によりハッキング調査の過程で、アカウント共有やアカウント売買が行われた形跡が見つかった場合は、該当のアカウントで発生したアイテムの不正使用等に対し補償を中止することがあります。
アカウント共有やアカウント売買に対するサポートは行えず、万が一これらによって問題が発生しても弊社は一切の責任を負いません。

プレイヤーは自らが使用しているアカウントに対し、アカウント情報の保護を行う必要があります。
たとえ、アカウント所有者が許可を与えたとしても、他のプレイヤーとアカウントを共有することは禁止されており、大きな問題に繋がりかねないことをご注意ください。

EULAやゲームルールは下記をご参照ください:

関連記事