World of Tanks
プレイヤーサポート・ポータル
全ての記事

World of Tanks Assistant の「戦車事典」の機能は?

モバイルアプリ World of Tanks Assistant には、戦車事典というセクションがあり、ここではゲームに登場する各車両の詳細情報を確認可能です。装甲、エンジン出力、主砲の性能など、あらゆる車両の戦闘特性が含まれます。そしてこれらのパラメータは、モジュールの搭載状況に応じてリアルタイムに変化します。

戦車事典セクションを開くと、そのメイン画面が表示され、利用可能な全車両の一覧を確認できます。

画面下部には、便利な表示車両フィルターがあり、このフィルターを利用することで、車両の国、タイプなどの条件を指定して表示車両を絞り込むことができます。

車両をタップすると、その車両に関する情報ページが表示されます。

このページには、主砲の装填時間や通信範囲を含め、その車両に関するあらゆる詳細性能が記載されています。画面右側の白い数値は、各性能の具体的な値であり、例えば IS-8 の標準砲の単発ダメージは 390 です。その下にある灰色の数値は、その特性の 10 段階評価であり、これは同じ Tier かつ同じタイプの車両における相対評価です。これを参考にすることで、例えば Tier IX 重戦車の中で最高の単発ダメージを有する車両を探す、といったことができます。そしてこのページでは、車両のモジュールを変更した場合に性能値がどう変化するかを確認可能です。これを確認するには、モジュールのアイコンをタップして下さい。

例えば、主砲アイコンをタップすると、このような画面が表示されます: 

主砲情報ブロックをタップすると、次のような画面が表示されます:

新しいモジュールを選択すると、車両特性画面において、そのモジュールに関連するパラメータがどう変化するかを確認できます。

この例は、IS-8 に 122-mm М62-Т2 砲を搭載した場合、単発ダメージが 50、貫通力が 83 それぞれ向上する一方で、装填時間が約 1 秒増加し、分間発射速度が 0.36 低下する、ということを示しています。

 

任意のパラメータをタップすると、同じ Tier かつ同じタイプの車両同士におけるそのパラメータの比較リストを確認できます。この例では、IS-8 の単発ダメージを他の全ての Tier IX 重戦車と比較しています。

このように、World of Tanks Assistant アプリの戦車事典セクションを活用することにより、全ての登場車両のあらゆる戦闘性能を詳細に確認することができます。

関連記事