World of Tanks
プレイヤーサポート・ポータル
全ての記事

通信遅延やラグ、接続の切断が発生します、どうしたらよいですか?

pingが常に高くゲームがまともに動作しません。

以下の手順で、お客様の端末とサーバーの通信経路の品質をお調べいただくことが可能です。
通信経路情報をサポートまでお送りください。

■Windows 7 / 8.1 の場合
1.「 Windows キー」を押しながら「 R キー」を押下
2.「 cmd 」と入力し「 OK 」、コマンドプロンプトを起動
3._ に「tracert wotasia2.login.wargaming.net」を入力し「 Enter キー」を押下
※ World of Warships の場合は、tracert login1.worldofwarships.jp と入力してください。
4.15 分ほどで、通信経路の結果がコマンドプロンプトに表示されます。
5.コマンドプロンプト画面で右クリック、「すべてを選択」を押下
6.「 Ctrl キー」を押しながら「 C キー」を押下します(コピー)
7.メモ帳などのテキストアプリを起動し、コピー内容を貼り付け保存
8.作成したテキストファイルを、サポートまでお送りください。

■Windows 10 の場合
1.コルタナをクリックし「 cmd 」と入力し「 OK 」、コマンドプロンプトを起動
2._ に「tracert wotasia2.login.wargaming.net」を入力し、「 Enter キー」を押下
※ World of Warships の場合は、tracert login1.worldofwarships.jp と入力してください。
3.15 分ほどで、通信経路の結果がコマンドプロンプトに表示されます。
4.コマンドプロンプト画面で右クリック、「すべてを選択」を押下
5.「 Ctrl キー」を押しながら「 C キー」を押下します(コピー)
6.メモ帳などのテキストアプリを起動し、コピー内容を貼り付け保存
7.作成したテキストファイルを、サポートまでお送りください。

注意:普段 Australia サーバーをご利用の場合は、コマンドを "tracert wotasia3.login.wargaming.net" に変更してください。

 

ゲームプレイ中にラグが発生したり接続が切断されてしまいます。

ゲームプレイ中にラグが発生したり接続が切断されてしまう場合は、ご利用のネットワーク環境に何らかの問題が発生している可能性があります。
問題を改善するために下記の項目をご確認ください。

 

  • 無線LAN(WiFi)を使用している

ラグや切断が発生する要因として最も考えられるのが無線LANの利用です。
昨今の無線LAN技術は通信速度や安定性が向上しており、通信速度を計測するサイト等では高速な通信速度結果を得ることができます。
しかし、無線LANはその特性上、ご利用環境によっては十分な通信速度が出ていても通信品質が保てず、瞬断が発生している可能性があります。

例えば、2.4GHz帯の電波を使用してWiFi接続している場合は、近隣住宅で同じ2.4GHz帯が使用されていると電波干渉を引き起こし通信品質が劣化してしまう場合があります。
この場合は、無線LAN親機(アクセスポイント)でのチャネル設定を見直し、近隣住宅との電波干渉を避けてください。
2.4Ghz帯の電波は Bluetooth やその他一般的な無線通信機器(電話の子機やワイヤレスインターフォン等)や、電子レンジ使用時に発生するノイズでも影響を受けます。
ゲームをプレイ中、友人の訪問や、ご家族等が料理をしていると通信が切断されてしまう場合などはノイズの影響を疑ってください。

近年販売されているミドルクラス以上のアクセスポイントでは、5GHz帯の電波も使用することが可能です。
5GHz帯の電波は2.4GHz帯よりもノイズに強く、設定可能なチャネル数も多いため、近隣住宅からの影響も受けません。
2.4GHz帯の通信で安定しない場合、5GHz帯で通信することにより、安定した通信を行うことが出来るかもしれません。
ただし、5GHz帯の電波は障害物に弱く、壁や床で電波が減衰しやすいため、アクセスポイントの設置場所によっては、通信品質が保てない可能性があります。

無線LANを使用して、どうしても接続が不安定となってしまう場合は、有線LANケーブルでの接続を行い事象が改善するかご確認ください。
アクセスポイントに関する詳しい設定方法等はご利用されているアクセスポイントのメーカーページよりご確認ください。

 

  • セキュリティソフトが古い

ご利用されているセキュリティソフトが古い場合、意図しない動作を行う場合があります。
例えば、セキュリティソフトのファイアウォール設定等で World of Tanks / World of Warships を除外設定にしていても、設定を無視して通信を遮断してしまう場合があります。
通信の遮断タイミングもセキュリティソフトによって異なるため、はじめは正常に通信できていても突然通信が遮断されてしまう事があります。
一般的なセキュリティソフトはライセンス商品となるため、ご利用されているセキュリティソフトのメーカーページから最新のセキュリティソフトをダウンロード、使用することが可能です。
ご利用されているセキュリティソフトが古い場合は一度、セキュリティソフト自体を更新してください。
※定義ファイルではなく、セキュリティソフト本体の更新です。

 

  • ネットワーク機器を再起動する

ご利用されているネットワーク機器(主にルーター)を再起動することで事象が改善する場合があります。
ルーターはご家庭でインターネットを使用する際に通信の基幹となる機器ですが、稀に内部処理が不完全となり一部の通信が安定しなくなることがあります。
ルーターを再起動することにより、ルーター内部に蓄積されたキャッシュや不完全な処理情報がリセットされます。

 

  • ご利用の端末を確認する

ラグの発生要因として、戦闘中に表示されるエフェクトや新規オブジェクトの読み込みに時間がかかっている可能性があります。
砲撃時や火災発生時等、エフェクト表示時にラグが発生する場合はグラフィック描画が追いついていない可能性があるため、グラフィック設定を下げて事象が発生するかご確認ください。
また、ご利用端末に十分な物理メモリが搭載されていない場合もラグの要因となります。
これらの要因では基本的にラグが発生しますが、症状がひどい場合はクライアントの処理が描画処理に割かれ、サーバーとの通信が行えなくなってしまい、接続が切断されてしまう場合もあります。

  • 弊社サーバーとの通信経路上に何らかの要因がある(国内)
    契約している回線、プロバイダを確認する

ご利用されている回線やプロバイダによっては、通信品質が保てずラグや通信の切断が発生する場合があります。
例えば、電話回線を使用するインターネット回線(ADSL)は、基地局との距離に比例して通信品質が劣化し、基地局までの経路上に線路や幹線道路等があると更に通信品質の劣化が発生します。
ご利用されているプロバイダによっては、通信が集中する特定の時間帯に通信制限を行うことがあります。
回線のメンテナンスや自然災害の復旧作業等によって、工事が行なわれている場合も同様の事象が発生することがあります。
この場合、通信回線やプロバイダが原因で事象が発生するため、弊社での問題改善は行うことはできません。

 

  • 弊社サーバーとの通信経路上に何らかの要因がある(国外)

弊社のサーバーは日本国外に設置されています。
お客様の端末とサーバーの通信は海底ケーブルを通り行なわれています。
通信経路はご利用のプロバイダによって依存しますが、概ね最適化された経路を通信するため、致命的な通信損失を生む事はありません。
しかし、漁船の碇が引掛り海底ケーブルが破損した、サメが海底ケーブルを食いついた、海底地震でケーブルが破損した、等日本近海に敷かれた海底ケーブルが破損した場合通信経路が変更されてしまうことで通信が不安定となってしまう場合があります。(本当にあった事例です。)
この場合でも弊社では通信経路の最適化を行いますが、最も優れた経路上に障害が発生してしまった場合は海底ケーブルの修復を待つしかなく、改善までに半年程度のお時間を要す場合もございます。

関連記事