World of Warships
プレイヤーサポート・ポータル
全ての記事

DIRECTX 10.1 への移行と X64 クライアントの追加

World of Warships は技術面でも新コンテンツの面でも常に開発を続けています。さらなる進化を果たすべく、DirectX 10.1 以降に完全移行させていただくことを決断致しました。

従って、プレイヤーによっては色々とご不便をおかけしますが、アップデート 0.8.3 以降では、DirectX 9 までしかサポートしていないグラフィックカードは必要動作環境から除外します。その結果として、DirectX 9 までしか対応していない環境においては、このゲームを起動できなくなります。また、DirectX 10.0 までしか対応していない環境においては、このゲームを起動することはできるものの、安定した動作を保証することはできず、今後のアップデートにおいても起動可能であり続けるとは限りません。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • これらの変更に関する理由の詳細については、こちらの記事 を参照してください。
  • DirectX をアップデートする方法に関しては、こちら を参照してください。

0.8.3 では x64 クライアントを追加します。どちらのクライアントを使用するかに関してはゲーム起動時に自動判定され、RAM 6 GB 以上の PC では x64 クライアントが、RAM 6 GB 未満の PC では x86 クライアントがそれぞれ使用されます。追加のダウンロードや設定は一切必要ありません。このバージョンのクライアントは x64 アーキテクチャの長所を有効利用することができ、PC の RAM をフルに活用できますので、このゲームにとって重要な利点と言えます。

関連記事